写真、撮影のコラムの最近のブログ記事

20170916.jpg先日、その業界で著名であり、神様的な、、とても多くの方から尊敬されているN氏のポートレイト撮影を行なった。

私はポートレイトを撮るとき。。

<<<<<撮るのか、、撮らされるのか>>>>>

を最初に判断する

著名な方を撮影する場合、大抵撮らされる方法で行くのだが、、

今回撮影が始まるとN氏の人となりを撮ろうと強く思ってしまった

上のグレーチャートの画像は結構画像処理してありますがこんな感じのライィング!

もちろん納品データはここまで加工などしませんw

無事撮影が終わり翌日のこと。。

N氏の秘書の方からこんなメールが、、、

これまで何人かのカメラマンさんに
ポートレートをお撮りいただいたことがありましたが、
今回の撮影のように卓越したディレクションで
あんなにも様々な表情を引き出していただけたのは初めてで、
信じられない思いで拝見しながら本当に感激いたしました。

モニターを覗かせていただいただけでも、
今までに見たことの無い印象のカットが次々に生み出され
心躍りました。

人間には実に様々な表情が潜んでいることを改めて知ると共に
写真の奥深さに胸打たれた思いでおり、
あの様々な写真をどのように仕上げていただけるのかと思うと
本当に楽しみでわくわくしております。

このたびは大変にありがとうございました。
引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

正直、、とても嬉しいです。。

カメラマンを天職と思い今まで頑張ってきた甲斐がありますし、、

これからも頑張って行けると強く思えた。。。

Fukaya_0281.jpg今週次男naoの友達、深谷くんの宣材を撮影した

彼は俳優を夢見て現在勉強中だ!

今年撮った宣材がどうしても気に入る事が出来ず私がとる事となった

宣材撮影、、、、何年、、何十年ぶりだろう

私の時代、宣材といえばカメラマンのアシスタントが自分の作品作り方々行っていた物だが最近ではそれを商売にしている企業もあるようだ

しかし、、その画像を見る限りテンプレのライティングに味気ない演出、、所詮宣材なので写っていれば問題無い的な感が歪めない

私の時代とはかなり宣材に対する姿勢や考え方、捉え方など違うんだなぁと思った

お金が絡むとどうしてもこのような合理的な方法になってしまう事に悲しさを感じてしまう

仕方ないかとも思うが・・・

宣材だろうとカメラマンはクリエイターなのだからもっと心のこもった仕事をするべきだと思う。。。

20150222_0054.jpg夢は見るものではなく、かなえるもの。。。

金メダル片手にそれを叶えた人が爽やかに笑いながら言う

はたしてそうであろうか???

先日撮影に入ったフリーのアシスタントに「将来の夢は何?」って聞いてみると

なんの躊躇もなく「今は何もありません!」っと言い切った

カメラマンに憧れてこの業界に飛び込んだものの、、、

自分の想像していたものとは現実が違うと感じ、、その夢は絶え、今はカメラアシスタントという特殊なスキルを活かし生計は立てているもののカメラマンになる事は夢見てい無いという事なのだ

たとえカメラマンになれたとしても今のデジタルカメラはある程度、、もっと言えばiPhoneで撮影しても写っている画像でいいのであれば誰にでも写せてしまうので特殊なライティングを必要としない若手に回ってくる仕事はとても安いのである

いつの時代も現実は厳しい

特に今は、、、

夢を持た無い人

夢を待て無い人

若者に多いかもとその時思った

デジタルがもたらした津波は雇用も増やしただろうがそれ以上に多くの職業を無くし雇用を削ったように思う

この業界で言えば

フィルム製造、、

現像所、、

写植屋などなど

世の中はあなたが思っている程悪くは無い!

程々にがんばればいんだよ!

いや、、あなたは頑張り過ぎてる。。だから頑張らなくてもいんだよ!

とりあえず夢を見る事から始めよう!

そんな言葉を自分は言いたい、、。

私の夢は二つ

一つはこのブログを読んでくれてる方々に小さな幸せが訪れること、、、

もう一つは。。。ヒミツです!笑(自分の事ではありません。。。)

イタリアの老舗カバンメーカーの撮影を1年ぶりに行った

大人のバックにポップアートを添えた銀座店限定販売のバックやアクセの逸品!

本物は質感や作りがとても上品でかつ優しくそれを持つ喜びを与えてくれる

そんな本物を今日撮影しました。w

この素敵なバックを持っている人、、

愛用し続ける人はきっと素敵な人だと思った

先ほどプロデューサーの張さんからメールが届いた

以前カラコンの撮影でご一緒した、、、

このhpでもご紹介した  http://www.freshlook.jp/special/vol07

モデルの松川佑依子さんが映画『テラスハウス クロージング・ドア』でデビューされるとの内容だった。。http://mdpr.jp/news/detail/1462635

このTV番テラスハウスは見た事無いですが、それに出演されてた筧美和子サンを昨年撮影したので何か縁を感じますね!!

若いっていいですね!しかーし。。若さとは年齢に関係ないと思ってますので形は違うにせよ何か面白い事やってみようかと、、、デビューしようかと思案中です。。

2015012801.jpg

今週の月曜日、珍しく澤田スタジオにて取材が行われた。

撮影スタジオなんだから取材は珍しくないと思われるかも知れないが取材されたのは自分だったのです。

取材内容は導入事例広告

日本国内正規代理店のプリンストンテクノロジーが販売している外付けHDDケース<brobo>という商品でThunderbolt接続でMacとの相性抜群!

また、簡単にRAIDを構築出来て、、しかも2つのhddが同時に破損してもバックアプ機能が備わっているのでとても安心。。

使い方は人それぞれでTime Machimeで使う方もいると思いますが自分の場合は仕事で撮影した画像、映像データをdroboに即入してその後もdrobo内で現像加工している。

自分は3TB×5の15TBを積んでssd+hunderbolt接続でストレス無く作業している。。

昨夜決定したページレイアウトがデザイナーの小松さんからメールで届いた。

本日コピーチェックを行い小松さんに修正箇所を戻す事になっている。

公開されたらこのHPでもご紹介しようと思います。

乞うご期待!!

2014053001_0425.jpg



今週の木金と作品になる。。。

作品と呼べる楽しい撮影を行った

撮影がデジタルとなり加工前提の仕事が多い昨今、、、一発写真(合成加工を行わない)の力強さと写り過ぎていない行間を読ませるライティングの撮影を行った

今回の仕事は数年振りに戻って来た仕事でこのような写真を求めて私を再度ご指名して頂いたクライアント、代理店、制作会社の方々に大変感謝しております

また、撮影現場でご一緒した、、限られた時間の中で美事な料理を作って下さった料理家の先生ならびに、、限られた予算の中でステキな小道具を集めて下さったスタイリストの郷間さん、、ありがとうございました。。

年にいちど有るか無いかのとても大切でステキな時間でした。。

こんな撮影の仕事を行う事の出来る私はほんとうに幸せだと痛感しております









100323_0153.png
本日は都内でモデル撮影

室内のカット終了後、、外は天気よくないので屋外予定のカットは全て貸しスタジオにて撮影。。。

商品撮影とは違ってハイテンションな私で、、そんでもって今、会社に到着。。

さ〜てとこれから画像処理だな!
20131017_1877.png

20131017_17:26


今行っている画像処理は一本一本丹念に職人さんが削りだしたハンドメイドのメガネ

それは手作りだけあって一つとして同じ物はない

よって私も一本一本丹念に500本のメガネの色調整を行う

そう、私はカメラマンの中でも限りなく職人に近い存在で芸術家などではない

上手い写真、奇麗な写真は今の時代誰でも撮れる可能性が高くなって来ている

今、公私共に写り過ぎていない強い写真を撮りたいと心底思っている

行間を読ませるような・・・・


20131015_1776.png
先週撮影したメガネ500カット分の画像処理を今日から取掛かる

何も考えずただひたすらモニターに向かい一心不乱に仕事をこなす

今の私には救いの神かも知れない

20131015_1774.png
20131015_20:31

雨雲でタワーの天辺が隠れてる
20130805_0188.jpg
20130805_17:53

本日の撮影はデザイナー立ち会い無しのおまかせ切抜き撮影

お任せだからどうでもいいや〜なんて事は無い!
(サラダぢゃないから・・・!笑い)

逆にアングルやライティングなど全て自己責任で仕事を終わらせねばならないのでどうしてもバリエーションが出てくる。

おまかせは、、別の意味で神経を使うのですぅ〜!



ところで、本日夕方、出来上がった結婚式のアルバムを引き取りに新婚さんがやって来ました。

4/21の式から3ヶ月半、、出来上がったアルバムを遠い思い出をひとつ一つ思い浮かべるかのように丹念に微笑みながら見ていたお二人の姿が印象的でした!

これぐらい間が空いた方が逆にいいかもって思いました!!







20130729_0039.jpg
20130729_18:33

朝からシトシトの雨!雨!雨!

このまま一日中雨かと思いましたが・・・・。

夕方、出ました!青空です!

本日は午前中8月に行うジュエリーのテスト撮影に使用する小道具集めを行い午後からその撮影。。。。。

小道具と言っても素材で午後はその素材をバラしたり切ったり貼ったりで撮影は夕方からになってしまった。

御陰て確実にテッペンは回ります・・・・。。

トホホ..

20130729_0044.jpg
20130729_19:13

20130227_0232.jpg
20130227_18:00

仕事で常に100%納得のいく写真が撮れるとは限らない

いや、それはむしろ不可能に近い。

何故ならば、私の仕事が広告写真業であるからだ。。

芸術であれば自分が納得のいくまで撮ればいい。

しかし、私は職人!広告写真のプロであるからには限られた時間と予算の中でクライアントとデザイナーの描く物と自分が描いたイメージを融和させなければならない。

しかも何処かで先を引き終わらせる判断も必要となってくる。

だから私は100%より如何なる過酷な条件であってもベストを尽くす事に専念する。

何処で誰が私の写真を評価しても恥ずかしくないように!!





20130108_3312.jpg
20130108_08:13

今年初めての撮影です!

一週間以上撮影してなかったので楽しくてたまりません。。

撮影内容は単品切抜きとイメージカット。

単品切抜きのライティングが繊細で同じ型番商品の色違いなんですが商品の性質上(ハンドメイド)なので流してとれないのです。。

いつもはメンドクサイと思ってしまうんですが・・・・。

今日は楽しくて楽しくてついついオーバーワーク気味になってしまった。

明日は今日の画像処理ですね!








20121017_1487.jpg
20121017_09:46



特殊なバターの撮影で、朝からそれを舐め続けていたら午後にはムカつきが酷くなってきた。

舐めたい訳で舐めているのではなくスプーンやホーク、ヘラなどでバターの形を整えるのにいちいち洗っていたのでは時間が掛かるのでついつい舐めていた。

はじめはとても美味しく幸せな感じだったが・・・・・。

だんだん口や喉に粘り感が出て来て・・・。ゲロゲロ状態!!

多分コレステロールの摂取し過ぎで血液はドロドロとなりメタボ細胞が多く出来た事でしょう。

まぁ〜そんな事、今更悩んでも手遅れなんですけど!!!




20120919_0854.jpg
20120919_17:51


今日はカット数の多いタレント撮影だというのに朝から何故かハイテンションな私。

「おいおい!この調子で最後まで行けるのか?」と自分に言いたくなるぐらいの勢いだった。

しかし、最後までモチベーションも崩れず行けたしとても楽しい撮影だった。

自分でも不思議なぐらいだ!

体は疲れているがテンション高くて今日は寝付き悪いかも!
20120911_0533.jpg
20120911  18:17

今日は久し振りにタレント撮影を行った。

タレントの仕事中は常にマネジャーが付いていてタレントが気持ちよく効率的に仕事が出来るように目を光らせている。

今回のマネジャーとは先日CM撮影の時に会っているので今回で2回目。

とても若いが仕事熱心で礼儀正しい。

本人には確認していないがおそらく野球部だったに違いない。

背丈は180センチでバランスのとれた体から何故がそう思った。。。
(骨の大きさと筋肉の付き方かな!)

少し時間があったので捕まえて話し掛けてみたら

「入社1年で皆に助けられながら仕事してます」

と、、とても控えめなコメントが返って来た。

そして今は仕事が楽しくて仕方ない様子で目を輝かしている。

この謙虚な気持ちと楽しさこそ年を重ねると見えなくなってくるのである。

気を付けなくては・・・・・。。


メダル候補

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1050420.jpg
20120713  11:24


今月の初め、レスリングのオリンピック代表四選手を撮影したのを思い出した。

撮影したのは三連覇が期待される伊調選手を初め「気合いだ!」の浜口選手や男子の湯元、長谷川選手達で皆メダル候補である。

ロンドンオリンピック直前でさぞかしピリピリ、カリカリ、ナーバスになっているのかな〜と思いきや・・・・。そんな気配は微塵も感じなかった。

待ち合い室で過ごし方も皆仲良しで和気あいあい!普通の若者となんら変わらない。

撮影慣れしているようで撮影はあっさり快適に終了した。

この手の方々を撮影するとその人独特の強いオーラを感じるのだが残念ながらそれを感じる事は出来なかった。

ひょっとしてそれがメダル獲得に必要な要素の一つなのかなとも思った。

何より彼達はオリンピック楽しみにしているのだ。

頑張っている人に私はガンバレとは言わない。

楽しんで来て下さい!

期待してまっせ。ロバート先生!!



20120702 19:22

今日の撮影はクライアントさまが個人という事で澤田スタジオ始まって以来初の現金収入となった。

撮影が終了してイザ支払いとなりクライアントさまからお札を手渡しされた。普段お店で支払いはするものの頂くのは滅多にない事。チョット緊張しながらお札を一枚づつ丁寧に数えた。

何かとってもありがたい気分になったし新鮮だったな〜。

2012062901.jpg
20120629   10:49
20111221_4256.jpg
12/21  20:25


久し振りにタレント撮影をした。

広告の場合コンセプト有るので殆んどの場合表情やアクションをこちら側から指示する事が多い。

今回もそれに沿って動いて頂いた。要するに撮る写真。

しかし、そうでない広告も存在する。その人が放つオーラや緊張感、存在感が商品のコンセプトになっている場合だ。

そのような時は撮らされる写真の方がいい結果となる事が多い。どこまでやって、どこで終わらせるのか、人物撮影の場合適切かつ迅速な判断力が求められる。

今日も楽しく仕事が出来た。

幸せな日々である。。。
_1020428.jpg
10/26         8:57



2008年にD3xをニコンプロから購入した時NSPのN氏に「ニコンもマイクロフォーサーズのようなレンズ交換式のミラーレス機を出さないの?」と聞いた事が有る。

その時彼は「ミラーレス機???そのような考えは無いしセンサーが小さくなる事で画質が悪くなるのでDXで今後もニコンは行きますよ」と答えた。

それから3年、やはりと言うかやっとニコンも重たい腰を起こしミラーレス機<1>の発売を今月20日から始めた。

技術の進歩と時代の流れ。今後プロユーズの一眼もミラーレスになっていく事は確実だ。

ミラーが無くなる事で複雑なシステムが不必要になり安く、軽く、コンパクトになる。

撮影していて唯一変わる事はEVF(電子ビューファインダー)になる事だ。

私の場合パナのGH2を購入した時確かにピントの山が分かりにくい事に戸惑ったが住めば都である。

高画素競争もレンズの解像度が3000万画素までにしか対応していないのでそれ以上の画素数は無意味と言うしか無い昨今。今後各カメラメーカーがどの方向性に行くか見定めたい。

_1020414.jpg
10/20 17:08

最近撮影をしていて感じる事。それはライティングにこだわる方が少ない事である。

もっと言えば写っている画像を望む方が多い。

同じページに綺麗に隅々まで写っている(私に言わせれば綺麗すぎる)単品切抜きが有るのにイメージカットまで綺麗に商品を写す傾向が有るように思える。

イメージカットは見る方に想像させる写ってない写真が本来有るべき姿だと思うのですが・・・・。。

これは営業サイドを意識した物だとデザイナーのuraさんが言っていた言葉通りである。

以前は広告に勢いがあり遊び心が随所に存在していた。

その時代がまた到来する事を私は楽しみにしています。




110531_01.png

昨日、ベランダでカメラを立て位置にして上手から下手に画像が少し重複するように5枚撮影してパノラマ合成した。

以前は画像のつなぎ目がばれないように自然な感じで合成する事すら大変だったが・・・・。
今ではワンクリックでPSが全自動でやってくれる。

おまけに画像が足りていない左右上角の空の部分は自動で空を自然に創ってくれる。

便利で楽な世の中になった。



今日は色々なバック素材の撮影である。

商品をセットしてカメラアングルを決めライティングしてシャッターを押す。

これだけは未だに昔と何ら変わらない職人の作業である。

いつもでも私は職人でいたと思っている。
20110517_1826.jpg


ココの所自社スタでの撮影が続いている。

内容はメガネや注射器の切抜きの撮影でとても地味だがこのような仕事結構大切である。

淡々と撮影を行っていると外が暗くなって来た事に気付く。

今にも雨が落ちて来そうな低い雲である。

ユーミンの歌が脳裏に浮かぶ。

案の定この後どしゃ降りとなった。



スタジオの使い勝手はいまだしっくりこない。

スタジオスペースは以前より広いのだが機材関係の出し入れが今ひとつ。

もう少し機能的に配置を考えなければと思う。


_1000389.jpg


朝日が昇る頃には自宅からVOLVOでロケ現場に移動、仕事が終了するのは24時過ぎ!

そんな毎日を先週繰り返し、土曜日の8時に全ての画像データを納品完了。。。。

今年入って一番タイトなスケジュールの撮影だった。

_1000408.jpg
 今回の撮影の為に集められた小道具達
自分の出番を今か今かと待っている
 

_1000400.jpg
撮影二日目


今回は新規のお仕事で皆さん気合いが入ってました。

新規が有れば何年も続いたレギュラーが突然無くなる場合もありそのバランスは今まで絶妙だったが、、、、最近は、、、、チョット、、、。









110204_0706.jpg

金曜日、銀座で打ち合わせ後、D3sで使用しているザクートZファインダーをGH2にも付けたいと思い佃島にある銀一(カメラ機材屋)に立ち寄りファインダー取り付けフレームを購入。


偶然だがその日スタビライザーのデモを銀一で行っていたので誘われるまま参加してみた。しかし説明してくれたスタッフがいまいちだったのでデモする事無く早々に引き上げ〜。。。

GH2の色や解像度など色々テストしたいのだがGH2が澤田スタジオに来てから連日撮影で全くテスト出来ていない、、、、ので、、、、、アダプターでライカのズミルックス35mmを付けて遊んでいます。

レンズの影響か、カメラ側の設定なのか少しアンバーがかったしっとりとした画像を吐き出す。


デジタルになってフィルムの時ほど色に神経質に成らなくなった。

乱暴な言い方だが後処理でどうにでもなる事や環境(モニターなど)に左右されるからだ。

とは言う物の現像はお世辞にも早いとは言えないNX2を使っていたり、モニターキャブリエーションもi1を「はなび」さんから借りてしっかりやってます。

それより解像度というかピントやコントラストやトーン(グラデーション)に目がいく。

ピンは限りなくシャープで加工しやすいトーン、そして偏りや癖の無い色。

加工前提のデータを撮る為のライティングやカメラ設定が必修です。

今週後半あたりでテスト出来る時間を・・・・・?












今日はジュエリーのプレゼン撮影。

一般にいう競合プレゼンではなく、クライアントからテーマを頂きそれを元に素材を色々用意しテスト撮影する。その画像をクライアントに見て頂きその中からテーマにマッチした素材で本番撮影をするというカメラマンとしてはチョットめずらスタンスだがとても張り合いのある楽しい仕事だ。

普通ならデザイナーがアイディアやデザインを決めてその絵を画像にする事の多い広告写真業界なのだが、この仕事は広告の立ち上がりからカメラマンが加わる事の出来る数少ない撮影の一つである。

さて、ジュエリーの下に来る素材は買ってそのまま使う事は殆ど無く、色を塗ったりスプレーを吹いたりとなんかしら手を加えている。

しかし、4~5年このスタンスで撮影を行っているので最近チョットネタ不足の煮詰まり状態だったのですが、前回からADの方もこのプレゼン撮影に加わって頂いているので新しい風が吹き始めた。

これからも大切にしたい仕事の一つです!!!!!!!


「まぁ!素敵」その言葉は私の心に素直にストンと入って来た。

昨日の撮影は女医さんのポートレイトでPCに取り込んだ画像データを撮影後本人に見て頂いた時に独り言の用に小さい声で先生仰った言葉だった。

長年フォトグラファーをしていると立ち会いの方々の仰る「綺麗」と言う言葉にだんだん素直に受け入れられなくなって来る。どうしても目を細めて聞いてしまう傾向が有ったが昨日は違った。

純粋無垢なその言葉にフォトグラファーとしての幸せを感じた。

忘れかけていた大切な気持ちを思い出させてくれた日だった。
先週の日曜日に撮影したジュエリーの先行納品分をその当日朝まで加工修正し納品したまでは良かったが、後送分をすっかり忘れていた。

今日撮影中にクライアントの担当者からメールが届き気付く。

一瞬血の気が引いてしまった。

ラフには納品期日を書いていたのだが手帳に書き忘れた私のミスである。

撮影を済ませ日曜日に使うレリーフをレンタル会社<ストックランド>に引き取りに、その後帰社して速攻で納品作業に入る。

余談になるが<ストックランド>社長の田植さんとは20年以上の付き合いで、引き取り前に電話をすると「天板に塗装してたら500wのアイラン(電球)を落として壊したので貸してくれない!」といわれたので持って行く事に、持ちつ持たれつの仲である。

そして、今加工修正が済みサーバーにULが完了した旨をメールでお知らせした。

入校にはまだ余裕があったようで助かった。

しかし、こんな事をしていては信頼どころか仕事まで失ってしまう事になるので手帳書き込みとチェックは確実にしなくてはいけないと反省!

今まで撮影のみを赤で書いていたがこれからは納品期日も赤で記載し撮影日と納品日を矢印でリンクする事にした。

ところで今日の夕方、中山さんが明日行う味噌ずくりワークショップの準備を三茶にあるキャロットタワーでしているという情報を頂いたので写真集プレゼン用の撮影を行う予定だったが私のミスで・・・・・残念。

ワークショップの撮影は次回も有るそうなのでその時に!

忙しさにかまけて写真集のレイアウトを全くしていないどころか、未だ現像もしていない状態だ。

今年はパンパンなので来年早々行う事にします。

最近、撮影している時間よりモニターの前で画像処理している時間の方が長い事に気付く。

カメラマンたる者、これで良いのかと思う程だ!

昔、画像処理業者(オペレーター)のギャラのカウントは時間制だったが、今はどのようなカウントをしているのだろうか?

もし今もギャラが時間制だったら私は大もうけ出来るのだが・・・・。

さて、今日の撮影はとても楽しい撮影だった。

カット数の半分は雰囲気重視のイメージ。

結構写ってない写真で正々堂々としたトリミング、私の好きな構図でご機嫌である。

また、今日のクライアントは今回で2回目の撮影となる。

そして、この仕事で知り合ったスタイリストのmagaさんのセンスが僕はとても好きだ。

わたしの持っていない引き出しを色々持っている。

最初は違和感を感じたがすぐに新鮮さに変わった。

いつも同じスタッフと組んでする仕事はかゆい所に手が届き安心感は有るものの、新しい発見が少ないかも。

優秀なスタッフの方々と仕事をする時は無限の世界が広がっていてとても楽しく勉強になる。

magaさんとは違う撮影でも仕事がしたくなるそんな方だ。
今日は都内でロケハンを行なった。

気持ちよく晴れていたのでブログで紹介した[Sun Seeker]の精度チェックをしてみた。

複雑な設定など無くアプリを立ち上げると、あとはiPhone内の電子コンパス(GPS)が仕事をしてくれる。

そして、カメラビューに切り替えると画面に太陽マークが表示され、それが現在の太陽の位置となる。

実際レンズを太陽に向けると太陽マークが現れますが、上下左右±太陽マーク2コ分のずれが有りました。

ドンピシャでは無かったが、350円でこの誤差であれば文句無いかな。

さらに、日付を設定して撮影当日の太陽の動きも確認出来るので合格点でしょう!

曇りや雨の日のロケハン(下見)には役に立ちそうですが、多分自分の勘が当たっているかの確認用になるかな。

何でもかんでもデジタルに頼っていては直感が鈍ってしまいます。

昔、おやぶん(ハヤサキスタジオ社長、早崎治氏)に「気配を感じろ」と言われた事が有った。

そうです!カメラマンは気配を敏感に感じる触覚を、常に鍛えておかなければならないのです。

091029_2825.jpg
昨日、一昨日と連チャンで小田原にあるレストランでメニュー撮影。

気が利く店長からコーヒーのサービスがある。

これを飲むと目が覚める。

コーヒーを飲みながらMacを起動させると仕事の始まりを告げるジャーンの音が耳に届く。

10年程前からこの音が撮影開始の合図になってしまった。

今回若いADのSAKAチャンはお休み、変わりに以前立ち会いに来られていたKENさんが久し振りに復活。

16年前、KENさんと初めてさせて頂いた仕事が今日のクライアントでもある。

この業界でこれほど同じ仕事が長く続く事はまれだと思う。

これは、KENさんの人柄によるものが大きい。

KENさんに感謝、感謝である。

091029_2821.jpg
社長業より現場が大好き

今年還暦を迎えたKENさん!


091014_2786.jpg
昨日の仕事はフード撮影。

この仕事で、いつも撮影の立ち会いに来ていたADのKENさんから、若いデザイナーSAKAちゃんに昨日から変わった。

会社として若い優秀なデザイナーを育てる事は将来を左右する。

そんな優秀なデザイナーでも、初めて任された撮影現場で、適切な判断を素早く下す事は難しい。というか無理かもしれない。

SAKAちゃんの考えている事が、たとえ間違っていると思っても、あえて時間をかけて納得するまで見比べてもらう。

そんな事も大切な仕事。

私がカメラマンになった頃を思い出す。

沢山の方々に助けられ、教えて頂きながらここまで来た。

そして、色々なミスもした。

しかし、ミスから学ぶ事も多くミスを無駄にしない事が大切。

がんばれ!SAKAちゃん。

091014_2770.jpg
店内を真ん中で仕切るアンティークガラス

この店で私が一番好きなアイテム



車の中でもiPhoneに入れた音楽を聞こうと思いBelkinのFMトランスミッターを付けてみた。

レビューに書き込みされていたノイズはそれなりに有り、頻繁に周波数を変えないと聞くに耐え難い音質になる。

580曲入れて2.65GB!その他アドレスなどで215MBを使用している。

580曲入っていても結局頻繁に聞くのは50曲程度だろうな〜!


さて、今日は先週撮影したジュエリーの加工を行なった。

デジタル撮影が主流になるにつれ合成が当たり前の様に行なわれる。

昔は合成と言えば車の撮影で頻繁に行なわれていたが、その高度な技術もPSで行なえば誰でも出来る時代である。

しかし、合成用のカットをしっかり計算し撮影してこそ自然な合成が出来るのでり、それがなければPSであろうと画像は劣化してしまう。

何でも出来るからと言って画像を平気で劣化させてしまうのは素人の発想だ!

プロならば16bitの画像をなるだけ無理せず加工するべきだ!それが印刷用の画像であれば必然となる。

こうして1日中モニターの前で加工している自分はオペレターそのものである。

20数年前、この業界に入った頃には想像も出来ない内容の仕事を今行なっている。

この加工の仕事は暗室作業の延長と考えて私は作業を進める事にしている。

そして、明日も残りの作業をして、色見本のプルーフをプリントし夕方に納品予定です。
知人からの紹介で、最近私の撮影を手伝ってくれているアシスタントのS君は長崎出身だ。

今月の強行軍のロケに全て付き合ってくれたので彼と車の中でしゃべる機会が多かった。

その会話の中で彼が<他人と過去は変える事は出来ない>と言った。

どのような会話からこの言葉が出た来たのか憶えていないが、彼はそれに続く対の大切な言葉を知らなかったので教えてあげた。

それは、<しかし、自分と未来は変えられる>。

そんな会話の後、彼がわたしに尋ねた、「自分に何が足りないのか?教えて下さい」と!

私は少し時間をおいてから彼に言った。

「自分でさっき言っていただろう。他人を変える事は出来ない。だから私は君を変える事は出来ない。変えるのは自分自身だ。自ら気付き努力しなければならない。そして、S君とはまだ知り合って間もない、アドバイスが必要であればその時、その場で言うから」

少し意地悪な答えだったかも知れないが、私から見れば足りないどころだらけなのだ。

それを事細かく今ここで言うよりその時その場で言ってあげた方が彼が納得出来て変われる気がしたからである。

自分を変えられるのは自身のみ。

020823_01.jpg
2002/08/23、長野にて撮影
我が息子右2人
赤帽が長男KEI、青帽次男NAOと従兄弟
皆幼いな〜

私のプロフィールと作品はサワスタジオのHOMEに有ります。
お時間のある時に見て頂ければ幸いです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち写真、撮影のコラムカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはロケです。

次のカテゴリは写真集制作です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3