2020年1月アーカイブ

IMG_9355.jpg1/22。。

日の出から雲一つない晴天で風はオフショア!

波は腰〜腹で私にとって最高のコンディションだ!

早朝は少なかったサーファーも日が昇るにつれ増えてきた。

地元はいいよね。波が良ければサクッと30分.1時間って割り切って入れるもんね。

ちょっと割れずらかったが結構長い距離乗れたのでとっても楽しかった。。

今月はこれが最後かな。次は来月だな。

IMG_9371.jpg破けた皮にワッペンをして隠すことと決めた。

そのさいワッペンをむう作業が入る。

皮に針を通すのはとても大変でその作業を優しくしてくれる道具「スピーディー・スタッチャー」がAmazonで売られていたので購入した。

本体+替針+糸165mのセットで3,480円也。。

使い方は至ってシンプル。刺して後ろで糸通して抜くを繰り返すだけ。

まさしく手のミシンで単純作業です。

しかし。この道具がなかったら、知らなかったら今回の再生は頓挫していたに違いない。

素晴らし道具である。

さて、次はワッペン購入ですね。

img_9325.jpgimg_9326.jpgimg_9327.jpg1985年ごろ購入したB-3ムートン ジャケット。

引っ掛けたり皮が薄くなって3箇所穴が空いている。

webでムートン修理をググってみると渋谷に修理・お直し専門店 Re sewという店があったので早速上の写真3点添付して「30年以上前のB3修理可能ですか?」と言葉を添えてメールすると翌日返信があった。

////////////////

お写真を拝見させて頂きましたところ

概算でのお見積りですと破れている部分1ヵ所につき¥5000ぐらいになります

修理方法は破れ部分を手纏りで縫合をしたのち、表から茶系の革を接着して塞ぎます

お写真から判断すると破れ箇所以外も革の劣化が進んでいる様に見受けられます

その為、作業中に別箇所が破れた場合、その部位も修理はしますが別途修理代を請求させて頂きますのでご了承下さい

////////////////

ということで先日持ち込むと「ムートンの劣化が進んでいるのでお預かりできません」と丁重に断られてしまった。

ならば自分で直そうと思ったがこの手の知識は全くなくwebで検索してもなかなか探し求める内容の情報がヒットしない。

素人なりにワークフローを考えてみた

穴を塞ぐ→補強する

これを具体的にすると

接着剤で穴を閉じる→ワッペンを貼る→ワッペンを縫う

こんな感じでしょうか

しかし、小学校の時に家庭科で行って以来針は持ったことないです。

どうしよう、、、、

つづく

IMG_9334.jpg1/13初乗りで鵠沼海岸行ってきました。

到着した頃は薄明るく寒かったのですが日が昇り少しづつ気温も上がってきましたが寒いことに変わりなし。

今年もよろしくね!!

スクリーンショット 2020-01-02 20.06.32.png

昨年12月に撮影したホテルです

360°View撮影、制作しました。

https://hotel-h2.jp

名称未設定 1.jpg新年明けましておめでとうございます。

このアーカイブについて

このページには、2020年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3