ツムラ68

先週久々に元同僚の蓮尾くんと一緒に鵠沼海岸にサーフィン行ってきた。

朝一はワイドのダンパーだったが2ラウンド目は潮が満潮に動き始めいい感じの波が入りだし結構ロングランディング出来て終わり頃はご機嫌だった。

帰りの車中の会話で私は若い頃から足や体が攣りやすい話になりサーフィン中に足がつったら命に関わるよねって話から蓮尾くんにツムラ68という漢方薬がとてもいいと言われお試し用に一袋頂いた。即効性があり駅伝の選手も走った後すぐに飲んでいるという事です。(未確認)

私の場合足がツルと言ってもふくらはぎ+向こう脛の横の筋肉が同時にツルので筋肉伸ばして治せる類のものでは無いのと太ももや背中などもツル事があり対処法がわからないのでただひたすら歯を食いしばって嵐の通り過ぎるのを待つ気分でこらえているのでツムラ68に期待している。

11月11日

11月11日は親分こと早崎治先生の命日。

1993年に撮影中の転落事故で亡くなられてから29年。

訃報の連絡を電話で聞いた時、頭の中が真っ白になったことを今でもよく覚えております。

親分はちょうど60歳だったので来年親分の年になってしまう。

今年は早崎時代の仲間と乃木坂に在る教運寺にお墓参りに行ったのですが偶然奥様の留美さんとお逢いできてその後近くのMercedes meの中に入っているカフェで皆んなとお茶をしながら親分のお話をしました。

きっと親分が留美さんと逢わせてくれたのだと思う。

その後、留美さんと別れて新宿に移動してハルクの中に入っている『六本木 樓外樓飯店 新宿店』で早崎スタジオで食べていた思い出の『海老とモツの汁蕎麦』を昔話や現状報告などしながら楽しく啜った。。

来年はまた逢いに行きます。。

ヘコム事もあります。

クラウンの作品撮影ではクラウンご本人の協力は勿論ですがイベントの主催者に私の撮影意図を伝えご理解していただき撮影許可が必要となります。

ほとんどの場合は快く承認していただけるのですが出演者が多かったり私の申請が開催間近だったりその他の理由で許可が出ない場合も稀にあります。

勿論その場合は素直に諦めるしか無いのですが、、撮影許可が出ないその理由が曖昧でもそれを深掘りすることは一切しません。

なぜなら、、、協力していただいているクラウンの方々に迷惑がかかるからです。

しかし、私も人間で撮影できないととても落ち込みます。

イチイチそんな事でいつまでもくよくよしていられません。

撮影できそうなイベントを探してアタックし続けるしかありません。

当たって砕けろ!許可が出ればミッケもんと思い進むだけです。

クラウン撮影進行状況 ホスピタルクラウン

2021年から開始したクラウンの作品撮影でご協力していただいているクラウンは(撮影開始順)

01-クラウンサクノキさん

02-クラウンものまるさん

03-YEN TOWN FOOLsのびり&ブッチィーさん

04-クラウン岩佐麻里子さん

05-木下サーカス株式会社団員の空中ブランコスペシャリストクラウンタッピーさん

06-三雲いおり(クラウンミッキー)さん

の合計6組7名です。

私の突然のお願い事を快く引き受けていただきみなさん本当にありがとうございます。

また、主催者、運営スタッフ、関わっている全ての方々のご理解とご協力に感謝の気持ちで一杯です。

作品となるまでにはあと数年かかると思いますがきっと素晴らしい作品になります。

これからもお付き合いしていただければ幸いです。

さて、色々なクラウンの方々のバックヤードやリハとゲネ、練習風景やプライベートを撮影しております。

コロナ禍の影響で今まで撮影できなかったホスピタルクラウン(病院での笑いで心を癒してくれる)の撮影に入ろうと思っておりますが敷居が高いのは言うまでもなく可能性は0に近いのですが言い続けること、行動し続けることに意味があり願いはいつか叶うと信じて程々に頑張ります。

サーフィン

10/21 鵠沼海岸

久々のブログ投稿。。

色々あってテンション上がらず、3〜4ヶ月ずるずる人生を無駄にしてた今日この頃。

とりあえず、昔から続けているブログから始めようとキーボードを叩くことにした。

久々の投稿は仕事ではなくサーフィンの話。

2015年11月13日から始めたサーフィンも来月で8年目となる。

始めた日時がすぐに分かるのも過去のブログのおかげである。

ブログは書き留めていない些細なことやその時の心情など振り返ることができるし日時などもすぐに分かるのが個人的に便利なツールだと思う。

サーフィンを始めた頃は週一を目標にしていたが怪我や仕事でなかなか問屋は卸してくれないがボチボチやってます。

夏よりこれからの季節の方が私は好きだ。

人が少ないことは勿論だが身が引き締まる気持ちと感情的になれるから、、、。

clown file-06 三雲いおりさん

4/9 ふなばしアンデルセン公園で行われた三雲いおりさんのショーが行われるとのことで早速三雲さんに連絡して撮影の許可をいただいた。

三雲さんと初めてメールでコンタクトしたのが2021年6月2日でお会いしたのが6月20日横浜にぎわい座芸能ホールで行われた「野毛大道芸2021in横浜」の公演後時間をいただき私の作品にご協力していただきたい旨をお話しさせていただき承認していただきました。

その頃は写真集「clown」を出版して次の作品作りの構想を練り撮影を行おうと考えていたのだがcovid-19の感染で思うように活動できなかった時期でも合った。

そして、2021年7月3日に行われた「YOKOHAMAクラウンフェスティバル」の楽屋に入らせていただき日本を代表するクラウンの方々に三雲さんからご紹介していただきました。

本当なら三雲さんを一等最初に撮影したかったのですが諸事情もあり今回最初の撮影となった。

ひたすら楽しく無心で笑える三雲さんのパフォーマンスは人を引き付ける不思議な魅力が漂っている。

次回三雲さんの撮影予定は5/29に行われる「クラウンパレード in Tokyo」です。

バットマン

この映画を見た後に米アカデミー賞で、妻を侮辱された俳優のウィル・スミスさんが司会のクリス・ロックの顔を平手打ちした映像を見てその後の日本と世界の世論の違いに複雑な気持ちになった。

私がウィル・スミスさんだったらなにをしたのだろう。。。。

映画の後はルーティーンとなっている新宿ハルク8F樓外樓飯店でエビモツの汁蕎麦!

笑いで平和を clown parade

クラウンパレードのプロジェクトがスタートしました。Youtubeでプロジェクトに賛同したクラウンやミージシャンから寄せられたビデオが公開されてます。日本からは岡部文明さん、三雲いおりさん、なななさん、ジンタらムータさん、岩佐麻里子さんが参加してます。

余命10年

この手の作品はとても苦手です。

なぜならまぶたが晴れて目が充血するから、、、

この作品はお涙頂戴のシーンが少ないがその分とても切ない。

最初のお母さんの言葉『最後まで生きるのよ。。。。』

この段階で私はボロボロです。

少ない言葉だからこそ見る側に色々と想像してしまう。

この手の作品はとても苦手です。

ライカの怠慢な修理でQ2再々入院

3/21に行われた<YEN TOWN FOOLs「びり&ブッチィー」結成20周年公演>の取材のため前日のリハーサルから取材に入る。

舞台の準備もリハも順調に進み撮影も手応え十分でご機嫌だったが帰宅後画像チェックすると忘れていた悪夢の宇宙船が。。。

結局2日間で1262枚中98枚に宇宙船が出てたのである。

1回目はセンサー交換修理。

2回目はセンサー+基盤交換の修理。

それでも宇宙船問題は治っていなかった。

というかこれはライカが主張している宇宙船ではなく電気回路の問題であるように思えるのだが真相は全くわかりません。

とにかくライカに報告して納得のいく誠意ある対応を求めていくことにします。

どうなることやら、、、。

線が目にかかるとレタッチがめんどくさいことになるのでとても厄介だ。。

木下サーカス クラウンタッピーさん

今年最初のクラウン撮影交渉は湘南深沢で3/20まで公演を行っている木下サーカスの空中ブランコスペシャリストクラウン、タッピーさんを撮影しようと昨年の暮れに決めていた。

決めていたのは自分の頭の中だけで交渉のメールは1/16に初めて申請しました。

常に直談判の澤田です。

メールを送信してから4日目が経った。。

うぅ〜サーカスの撮影は昔と違いとても厳しいと以前popサーカスの関係者から聞いていた。

私が撮影したいバックヤードや練習風景などは特に厳しいと、、、。

だから今までサーカス関係には撮影の交渉をしてこなかった。

やはり難しいのかなと半分諦めていたところに携帯がなった。

身に覚えのない未登録の携帯番号からである。

その電話は木下英樹様からだった。

メールで私の仕事や経歴とクラウンの作品撮影への熱意は伝わるように書いたつもりだったので最後はご自分で私の声を聞いて撮影の許可を決めたかったのでしょう。

突然の電話で何分話をしたか覚えていないんですが多分30分ぐらいだたと思う。

私のクラウンに対する思いや最近撮影してる方々のことを語り撮影の許可をいただいた。

快く撮影許可をしてくれた木下サーカスの木下英樹さまに感謝です。

公演現場の責任者と連絡して最初の撮影が3/13に決定した。

初回を含め4回のお伺いして内容の濃い撮影とクラウンタッピーさんのお話が聞けました。

撮影のお話は次回以降に。。。

交渉のメールから3ヶ月間。取材にご協力していただいた木下サーカス の全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

東京都写真美術館

3/5東京都写真美術館の2Fで行われている『TOPコレクション・光のメディア』を見た後に同じ階にあるショップに寄った。

いろいろな作家の写真集やグッズが販売されているのだが私の写真集『CLOWN』もここで販売されてればいいのにな〜と何気に「さ」行を見てみるとありました。

背表紙に『CLOWN』の白い文字!!最初目を疑い少し動けなかった。

その背表紙の上の部分を人差し指で前に傾けるとスポットライト をイメージした丸くトリミングされたクラウンが現れその戯けた表情の2人が私に笑いかけてきた。

こんなところでお目にかかれるとは思わなかったのでとても嬉しかったサプライズでした!

ライカの怠慢な修理でQ2再入院

2021年の9月の撮影で上記のような線が出たので10月にライカで修理を行ったのですがその現象が12月の撮影でも出たのでライカに再修理に出した。年末だったので修理は1月になる。

去年の修理はセンサー交換だったが今回はセンサーを含む電子回路一式とその範囲を広げてアッセンブリー交換となった。

この現象で使えない(レタッチすれば使用可能ですが)画像は100枚弱で修理に2週間x2回で4週間となる。

手を抜かずしっかりきっちり一回で直していただきたいものである。

シアター・クラウン・ショー!OPA!

2021年NEW CLOWN撮影の締めくくりは12/28.29に横浜にぎわい座で行われた『シアター・クラウン・ショー!OPA!』

舞台のセッティングから楽屋やゲネと本番の撮影と2日間内容の濃い撮影が出来ました。

シアタークラウンにこだわるYEN TOWN FOOLsのびり&ブッチィーさんに感謝です。

この時の画像は澤田スタジオのHPで見れます。カテゴリー一番下にNEW CLOWNの

01-サクノキ

02-ものまる

03-YEN TOWN FOOLs

04-岩佐麻里子

と撮影順に並んでおります。

近々今撮影しております木下サーカスの空中ブランコのスペシャリストクラウン『タッピー』さんが登場予定です。こうご期待!!

サーフィン

2022年の乗り初めは1/12だった。

鵠沼海岸は胸〜頭近くあがっていたので腰〜胸の由比ヶ浜で入ることにした。

画像は移動途中にある七里ヶ浜の様子です。

2回目は2/22のスーパー猫の日?やはり鵠沼は波が高かったので比較的穏やかな由比ヶ浜で入ることにしました。

週一でサーフィンしようと頑張ってきましたが冬は寒くて、、、、。

3月からは週一守れるようにほどほどにがんばろ〜っと。

マルウェアに感染

昨年の12月に澤田スタジオのサーバーがマルウェアに感染していたようでサイトの中身が改ざんされておりアクセス不可になってしまった。

澤田スタジオのhp.blogなどのweb関係を当初よりお願いしている知人のT城さんに頼んでひとまずhpで不審なファイルを削除し、改ざんされたファイルを修復してアクセス可能にしましいただきました。

そして先日ブログも復活したのでテストを兼ねて今回アップしています。

T城さん曰く共用サーバだと最近よくあるようで年間更新で少し値が張るが通信を暗号化するSSL証明書の導入をお勧めされたのでこれを機に導入しました。

EPSON SC-PX1V 修理

撮影したクラウンのプリントを行なっていた所プリント右側に数本細い線が入り出した。

設定で擦れ軽減だったかな、、、それをはいにしても薄くなるだけでしっかり入る。

早速カスタマーに電話した所修理することとなった。

期間は1週間。保証期間内なので代金無料!

1週間は長い、、、トホホ。

LEICA Q2 センサー交換

今年5月にライカM3ダブルストロークとズミルックス35mmを下取りに出して購入したライカQ2が早くも修理することとなった。

とりあえず下記の内容でライカカスタマーケアにメールした

ライカカスタマーケア さま
お世話になっております。
昨日の撮影で下記画像のように細い横線が入りました。
原因はなんでしょうか。
修理は必要でしょうか。。

上の画像には線が一本ですが基本2本入っていて稀に1か3本のものがある感じ。

ライカカスタマーケアからの返信

澤田 光伸 様

平素はライカ製品をお引き立て賜り誠にありがとうございます。

画像に線が入る現象についてお問い合わせありがとうございます。

おそらくこの現象は宇宙線と呼ばれる放射線の影響で

イメージセンサーの画素に不具合が起きたものと思われます。

ライカQ2の最新ファームウェアではこの現象の補正機能が追加されましたので

ぜひともこちらをお試しください。

カメラのメインメニュー5ページ目に「ピクセルマッピング」という項目がございますので

これを選択して実行してください。

もしこの作業を行っても改善しない場合はイメージセンサーの交換修理を行いますので

保証書もしくは購入日を証明する領収書もしくは納品書、

添付の「修理申込書」に必要事項をご記入の上

ご依頼品と一緒にカスタマーケアまでお送りください。

お手数おかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

ということで「ピクセルマッピング」を行なった。

500cutぐらいまでは問題なかったが600cut過ぎたあたりから宇宙線が出初めて後はランダムに5%ぐらいの確率で画像に入るようになったのでセンサー交換してもらうこととなった。。

修理期間は3週間、保証期間内なので代金は無料である。。

3週間は長いトホホ。。

金子しんぺい劇場 with サクノキ&ちゃくら〜2021秋公演〜

サクノキさんから連絡が入って10/22に撮影して来ました。

場所は阿佐ヶ谷にある名曲喫茶ヴィオロン。。

金子しんぺい劇場というイベントにゲスト参加でサクノキワールが観客全員を幸せな気持ちえと満たしていく。

また、パントマイムの金子しんぺいさんとミュージシャンの齋藤ちゃくらさんとの共演も今回3回目ということで息もぴったり絶妙でした。。

金子しんぺいさま、名曲喫茶ヴィオロンのマスターさま、観客の皆さま、主催者mikibarのスタッフの皆さん撮影のご協力ありがとうございました。

クラウンサクノキさん

7/11ふなばしアンデルセン公園の公演で楽屋から舞台まで撮影出来るハズだったがコロナの緊急事態宣言のお陰で楽屋入場制限が掛かり舞台のみの撮影で終わったサクノキさんの撮影のリベンジを10/9.10で行った。

場所は川口にある株式会社 大泉工場の工場内で『FARMES MARKET KAWAGUCHI』での大道芸スタイルで行われた。

この時初めて会ったのがパフォーマー松鶴家天太さんとクラウンkotoさんである。

名前は知っていましたがどんなことやる方なのか知らなかった。。この業界はっきり言って私詳しくないんです。

なので逆に先入観なく普通に話できるメリットあるんですが。。。

舞台は古い工場内で廃墟の雰囲気を醸し無機質で無骨だがサクノキさんの演技が始まるとサクノキワールドに満たされ笑いの温かさで満ちていくのを感じる素敵な時間でした。

FARMES MARKET KAWAGUCHIのスタッフの皆さん、松鶴家天太さんとクラウンkotoさん撮影にご協力していただきありがとうございました。

クラウン岩佐麻里子さんに直談判メッセージを送った結果。。。

リングリングサーカスで働いていたクラウン岩佐麻里子さんが帰国する情報を得て撮影のためなんとかコンタクトしようと思い岩佐さんのメアドとか知っている方が居ないかサーカス学会などに聞いてみたがダメだったので直談判を行うこととした。

こうなったら当たって砕けろ精神でFacebookのメッセージから撮影ご協力の打診した所okの返事が速攻で帰って来た。

今回帰国してゲスト出演するのが10/16錦糸町にある新日本フィルハーモニー交響楽団トリフォニーホールの公演『ひがしん presents 新日本フィル 創立50周年記念特別演奏会第1弾 チャリティ・コンサート 星に願いを ~親から子へ、聴かせたい名曲~』と10/17広尾にある聖心女子大学内で行われる『愛と笑いのコンサート』の2公演である。

そして、主催者の新日本フィルに撮影許可を私が行いokで有れば正式に撮影できる段取りでハードルは高かったが全てスムーズに許可が得られ10/15のリハーサルと10/16のゲネ〜楽屋でのメイク〜公演と全て撮影できた。

聖心女子大のコンサートは主催者が岩佐さんと大学の同期ということで撮影許可申請無しだった。

今回は3日間撮影した感想ですが底抜けに明るいアメリカンクラウンの、、フィジカルコメディーの真髄を見た感じでとても楽しかったです。

また、オーケストラの方々や指揮者の藤野さんまでも従えての演技、、幾度となく修羅場をくぐって来たであろうその演技は流石の一言に尽きる。

さらに、聖心女子大では自由奔放にやりたい放題!いやー凄かったです。このライブ見に来たお客さんは最高にだったに違いありません。。 

日本のクラインとはまた一味も二味も違うアメリカンなクラウン芸は今後も目が離せませんね。。。

今回撮影にご協力していただいた指揮者の藤野浩一さま新日本フィルハーモニーのフタッフのみなさま、10/17のコンサートの音プラ☆ファミリー企画のスタッフのみまさまに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!!

クラウンものまるさん

コロナ感染で8,9月はほとんど仕事できない状態でした。

しかし、溜まっていたクラウンの現像やら加工が捗る捗る!!

7/24に『西小山クラフトビレッジ』で撮影したクラウンものまるさんのメイクは手際良く淡々と進みタップシューズの紐を強く縛ってから赤鼻を丁寧に付けた後、腕を組み、、目を閉じて出番までの時間を静かに過ごす。

ものまるさんのクライン芸は自慢の長い手足を上手に使ったスピード感あふれるジャグリングだ!

そしてたまに見せるお茶目なベビーフェイスは女子を虜にする。

撮影にご協力していただいた『西小山クラフトビレッジ』のスタッフの皆さまありがとうございました。

コロナ感染

8/18の話

2〜3日前から調子が悪かった次男naoがPCR検査陽性で私も濃厚接触者として世田谷保健所から指定された。その日のうちに保健所の指示でPCR検査を受けたが結果は陰性だった。

濃厚接触者ということで外出制限が14日間と定められてしまったので8/23日からの写真展のオープニングには在廊出来ないことが決定してしまった。トホホ。。。

展示が前日の8/22なので発熱していない8/19に展示用のプリント(ブックマット仕様)を一式ギャラリー蒼穹舍に宅急便で発送したのが良かった。

20日に発熱したので再度PCR検査を受けたが結果陰性。。。

8/23には高温となったので3度目のPCR検査で結果陽性と出た。

これで私も立派なコロナ感染者となる。

薬は解熱剤のみ。。熱で辛くなったら飲んで下さいとのこと。

辛さは人それぞれで発熱は体がウイルスと闘っている証なので私は38.5度までは耐えることにした。

熱で頭が痛かったり関節が痛かったり意識が朦朧としたりで意識がある時は辛く早く眠りにつきたいと願うばかりの日々が続く。

昼も夜も日にちの感覚までもなくなりただ熱にうなされる。

検温の最高は39.2度。。解熱剤の出番である。

解熱剤を飲めば1度は確実に下がるので実に楽である。

楽と言っても38.5度ぐらいはあった。

1日に2回保健所から電話がはいる。

自動音声で検温、血中酸素などを自分で入力するパターンと看護師からの応答の2パターンある。

自動音声は朦朧としているので入力を間違えてしまうのだが訂正が出来ない仕様なのでそのまま通話を終わらせること度々だ。

看護師からの応答ではいくつか質問したこと得たものがある。

一つは、、、ホテル療養の件

今ホテルの空きがないので無理

私が考えるにパラリンピックの関係者が都内のホテルを利用していることが原因だと思う

今年初めコロナ感染した近所の人はホテル療養していたので。。。。

2つ目は、、、危険な時は119番???

感染者がピークの時だったので救急車お願いしても救急車の空きがなかった時期があったのだ。

私が思うに救急患者(コロナ感染者)を乗せたはいいが搬送先の病院が決まらず救急車が患者乗せたまま待機する時間が多くなりしまいには搬送出来ず自宅に戻るパターンが多くなったと考えられる。

そんな不安な毎日だったが8/28日には熱も下がり始め体的には非常に楽になって来た。

8/23から寝込んで6日間、口にしたのは水と写真展のお祝いでロケアシの木間塚くんからいただいた桐の箱に入った高級マスカットのみだった。

このマスカットが超美味しかった。命を繋いだマスカットだと思う。。

そして30日には自宅療養の解除になったのだが体の調子は最悪で外出どころか熱がないだけで一日中ベットの上である。

ベットから出ると目が回り、何かする気力もなく辛いだけの毎日だ。

そんな日が4日間続き少し調子が良くなって来たので9/3写真展に在廊しようと思い出掛けたが気持ちが萎えて新宿駅で降りずに家に戻った。

結局在廊できたのは9/4と最終日の9/5の2日間だけであったが2日間だけでも在廊できたのは不幸中の幸いと思った方がいいだろう。

また、コロナ感染してこの世の中から間引かれることのなく命が有るのだから御の字だと思う。

苦味、渋味が強くなる味覚障害も今もあるがコーヒーや日本茶が飲めなかった9月初めに比べれば順調に回復している。