LEICA Q2 センサー交換

今年5月にライカM3ダブルストロークとズミルックス35mmを下取りに出して購入したライカQ2が早くも修理することとなった。

とりあえず下記の内容でライカカスタマーケアにメールした

ライカカスタマーケア さま
お世話になっております。
昨日の撮影で下記画像のように細い横線が入りました。
原因はなんでしょうか。
修理は必要でしょうか。。

上の画像には線が一本ですが基本2本入っていて稀に1か3本のものがある感じ。

ライカカスタマーケアからの返信

澤田 光伸 様

平素はライカ製品をお引き立て賜り誠にありがとうございます。

画像に線が入る現象についてお問い合わせありがとうございます。

おそらくこの現象は宇宙線と呼ばれる放射線の影響で

イメージセンサーの画素に不具合が起きたものと思われます。

ライカQ2の最新ファームウェアではこの現象の補正機能が追加されましたので

ぜひともこちらをお試しください。

カメラのメインメニュー5ページ目に「ピクセルマッピング」という項目がございますので

これを選択して実行してください。

もしこの作業を行っても改善しない場合はイメージセンサーの交換修理を行いますので

保証書もしくは購入日を証明する領収書もしくは納品書、

添付の「修理申込書」に必要事項をご記入の上

ご依頼品と一緒にカスタマーケアまでお送りください。

お手数おかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

ということで「ピクセルマッピング」を行なった。

500cutぐらいまでは問題なかったが600cut過ぎたあたりから宇宙線が出初めて後はランダムに5%ぐらいの確率で画像に入るようになったのでセンサー交換してもらうこととなった。。

修理期間は3週間、保証期間内なので代金は無料である。。

3週間は長いトホホ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。